介護住宅補修

介護保険対応住宅改修もお任せください!

※住宅改修における理由書作成も専門スタッフにより可能です。

介護保険対応住宅改修もお任せください!


介護保険(住宅サービス)の中に、住宅改修費の支給制度があります。転倒防止に手摺を設置したり、床の段差を解消したり、安全で快適な住環境を整えることにより、介護者の自立へ繋がっていきます。

ご利用者の身体にあった住宅改修やそれにかかる費用を適切な金額でご提示いたします。住宅改修後のアフターフォローもお任せください。

手摺の取り付け事例

こちらのスペースには解説・説明文を記載します。

施工項目

  • 居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床、そのほかの段差解消。
    高い段差を超えるのに苦労するため緩やかなスロープと手すりの設置。
  • 滑りの防止及び移動の円滑化、通路面の材料の変更。
    靴下を履いて畳だと滑り、危ないので滑らないフローリング剤に変更し、転倒を防止をする。
  • 扉全体の取替、ドアノブの変更や戸車の設置などドアを閉めないとトイレのドアを開けれない状況で、身体に負担があり引き戸にすることにより、スムーズな移動ができます。また身体の負担をおさえることができます。
  • タイルのお部屋からユニットバスへの取替。
    和式のトイレでは、排泄がとてもつらいので様式便器に取替!